2019-07-08

【紋屋井関 御寮織】
特選西陣紋御召無地着尺
※八掛付き
「桐竹鳳凰文・古代紫色」
お探しの方必見!究極の珠玉品!
絹100%
長さ12.7m(八掛4.5m) 内巾37.5cm(裄丈最長71cm)
◆最適な着用時期 袷・単衣 <盛夏以外(6月末〜9月上旬以外)>

◆店長おすすめ着用年齢 30代〜

◆着用シーン カジュアルパーティー、付き添い、お茶席、お稽古事、音楽鑑賞、観劇、お食事会など

◆あわせる帯 お洒落袋帯、九寸名古屋帯、八寸名古屋帯など


1200年前の平安京誕生以来、宮廷織物師たちによって育まれてきた西陣織。
その中でも特に、「紋屋井関」の名前で呼ばれていた「井関家」は、西陣の紋織創始者を遠祖にもち、室町時代の末期に御寮織物司として任命された六家のうちのひとつとして知られております。

御寮織物司は、公家の高倉家・山科家の両家を通じて禁裏の装束や公家装束、将軍・大名などの衣装を、江戸末期に至るまで織り続けました。時代の流れにともなって「御寮織物司」という制度はなくなりましたが、紋屋井関はその伝統を現代にも引き継いでおります。禁裏装束の復元といった文化事業にも協力を惜しまないその姿勢は、西陣織文化の守り神のような存在といっても過言ではありません。

その「紋屋井関」より、御寮織紋お召し着尺のご紹介です。
落ち着いたお色をお探しのお方必見でございます!

井関家の技術と最高級の素材によって融合された井関家19代、
400余年の歴史において初めて生み出された着尺がこちらのお品でございます。

お色は濃色も淡色の帯も合わせやすい色気溢れる古代紫色。

有職文様の中でも、天皇家の御留柄である「桐竹鳳凰文」を一面に紋起こししておりますので、ふくよかなその表情には、色無地であることを忘れてしまうほど。
驚くほど豊かな着姿をお楽しみいただけることでしょう。

歴史と実績に裏付けられた名門の匠が創り上げた逸品です。
かおり立つ品格に、お召しになる方の感性があふれ出します。
素材を吟味し決して妥協せず、延々と受け継がれる技術で丹精込めて創り上げるところは袋帯の創作と全く同じ。是非お手元でご覧いただきたいひと品です。

御寮織の袋帯はきもの市場でもご紹介させていただいておりますが、紋お召しの色無地は一流の呉服店でしか通常お取り扱いがなく、なかなか一般には流通しないお品ですが、今回数点限りでご紹介できることになりました。

美しいお品です。

磨き上げられた感性で、控えめながらもどなたをもハッとさせてしまう高貴な魅力を、是非お手元でじっくりとご堪能下さいませ。心よりおすすめしたいお品です。
どうぞお見逃しないよう、末永く大切に大切にご愛用下さいませ。

もちろん送料は無料。
商品到着後10日以内であればキャンセルも可能でございます!
気になった方は今すぐ買い物カゴへ入れるボタンをクリック!
お仕立て料金はこちら
[ 袷 ]
地入れ2,160円+※胴裏4,860円〜+紬八掛11,270円+海外手縫い仕立て19,500円+ガード加工5,400円(全て税込)
[ 単 ]
地入れ2,160円+衿裏2,100円+海外手縫い仕立て19,500円+ガード加工5,400円(全て税込)
※国内手縫い仕立て+15,000円(税込)

※こちらの商品は、雨などの水分に対して特ににデリケートな生地ですので、
 お仕立ての際には、撥水加工されることをお薦め致します。



胴裏の価格について
身丈について
商品加工をご要望の場合はこちら
(地入れ)


※お仕立てご用命の際は、一度お手元でお色、風合いなどご確認頂いた後、Web集荷依頼サービス(無料)にてご返送ください。
[AHK117787]-[TP:片山]-[PS:片山]-[CH:田中郷]-[文責:永田]-[1201018]
▲ サブ画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。

 
価格
198,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
発送日目安:A:通常(1日から3日後)
残りあと1点限りです
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く